11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

trip to UZBEKISTAN Day 2 Seoul もうこんな経験したくない 

trip to UZBEKISTAN Day 2 Seoul
29.12.2013


15時のフライトまで時間があるし、市内観光をしようと思った今日、
宿の近くに地下鉄電車の駅があるよって聞いていたのだけど、場所が分からず、
場所を聞こうとしばらく昨日のお姉さんを待っていたのだけど、出かけていていない様子。




自由に使っていいらしいリビングのパソコンからgoogle mapの力を借りようと思った所、




こんな事態。

ハングル語ばかりでもはや解読不能。


仕方ないから画面を写メして街ゆく人に聞きながら行くことに。


出発直前、友達から電話がかかってきて、
某首相が靖国を参拝したとかで中韓やアメリカが今ピリッとしてるらしいというのを聞きました。

「邦人女性、デモに巻き込まれて死亡」とか新聞を飾ることになったらどうしてくれるんだと私までもがピリッとしていて、
見ず知らずの土地でちんたら一人で歩くのは避けようと心に誓っていたのですが、
もう9時を回っていて、鴨はあっさりネギを背負って出て行くことにしました。


今日泊まった宿。






Lazy Bird Guesthouse
22000ウォン(約2190円)

綺麗でとてもいい宿でした。
市内からは遠いので、トランジットの時に利用するお客さんが多いそうです。



誰もいない田舎道を方角だけを頼りに歩くこと10分、
ジョギング中のおじさんを発見し、駅の場所を聞いた所、
おじさん、ハングル語しか分からないのに、私が言ったサブウェイ(地下鉄)の単語で私の気持ちを察知したらしく、一緒に連れて行ってくれると言ってくれました。





駅。



地下鉄って聞いてたのにめっちゃ綺麗ででかい!

てっきりこんな感じかと思っていたのに、韓国ってすごい。


(画像はgoogleさんよりお借りしました)


切符を買おうと思ったら、Suicaみたいにデポジット付きのカードしかないみたいで、500ウォンのデポジットを払って切符を買いました。




私が向かったのは弘大入口駅という所で、宿のお姉さんに南大門はフライトの時間までに行くには遠いし、ご飯も買い物もできるからいいよとお勧めされた所




駅の構内で果物売ってました。


駅を出てふらふらしていたら、お店はだいたい11時かららしく、その時まだ10時半くらいだったため、あたりは閑散としていました。



というか、30分くらい歩いたのだけど全然繁華街的な感じがしなくて、降りる駅間違えたと意気消沈していた所、駅の反対側ががやがやしていたのに気づきました。

行ってみたら日本でいう原宿みたいな感じのお店に、たくさんの飲食店がありました。



ちなみに見切れている左のお店はH&Mで、この20mくらい先には丸亀製麺がありました。
日本と変わらない町並みです。


メニューを見てもほとんどがハングル語ばかりでなに書いてあるのか分からず、日本語でメニューが書いてあったお店をみつけてそこにお昼を食べに行きました。



この麺を頼み、

出てきたのこれ。



フードスタリイストさんいい仕事し過ぎ。
かろうじて貝入ってたけどタコはかけらもなかったよ。


しかしキムチとお漬物は好きなだけ食べられるように、おばちゃんが壺ごと持ってきてくれました。

とっても辛かったけど、麺もキムチも美味しかったです。





そしてこの後、楽しい韓国トランジットが悪夢に変わる瞬間がやってきました。

ウズベキスタンはATMもなく、カードも使えず、入国時にドルをどれだけ持っているかで、
リッチな旅行になるか、貧しい旅行になるかが決まります。

ドルは唯一現地通貨のウズベキスタンスムに両替できる紙幣なのです。



私は何かあったときのために色々な所に
お金を分散させて持ち歩いているのですが、
昨日の夜寝る時にはあった、200ドルを入れていたポーチを無くした事に気づいたのです…

しかしこの時すでに12時で、フライトまで3時間、2時間前までには空港に行かなければならず、大慌てで今朝使った駅と宿に問い合わせ、いろんな人が探すのを手伝ってくれたのですが見つからず、かなり落ち込んでいました。

正直200ドルなくてもウズベキスタンで生活はできるのですが、それがないとこの旅の目的だった絨毯が買えなくて、
またカツカツの旅になってしまいます。


宿のあった駅で落ち込んでいたら、
宿のお兄さんが車で来てくれて、もし見つかったら必ず君に返すからと言って、空港まで送ってくれました。



悲しい気持ちを抱えたまま空港に着き、日本の友達にLINEで電話をしたら、なんだかもうどうでも良くなってきて、
宝くじ当てても全額寄付する人がいる世の中で、何200ドルでくよくよしているんだ自分という気になり、
体は無事だし、もうすっかりさっぱり忘れようと思いました。


そして15時10分、ウズベキスタンの首都、タシケント行きの便に乗り込みました。

タシケント着は現地時間19時頃の予定です。
スポンサーサイト

Posted on 2013/12/29 Sun. 08:39 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

29

trip to UZBEKISTAN Day 1 Seoul 

trip to UZBEKISTAN Day 1 Seoul
28.12.2013




成田を出発し、まずトランジットで韓国の仁川国際空港へ、
そしてウズベキスタンへのフライトが明日の夕方なので、今日はソウルに泊まります。




今日まだ何も頑張ってないのにビール。


私はいらないって言ってしまったのだけど、「コチュジャンつけますか?」って聞かれて、いるって言うと、グロスみたいなチューブに入ったコチュジャンが出てきてました。

そして韓国人の添乗員さんからお茶をもらった時、
「アチいですので気をちゅけてくだサーイ」
って言ってて、ちょっときゅんとしました。



初韓国、美味しいもの食べたいと思ってはいたものの、全く情報を収集しておらず(ウズベキスタンに関しても飛行機の中で初めて地球の歩き方を開いたという始末)、
正直何がどこで、何が見どころなのかとかさっぱり分からないまま入国審査のゲートに並び、とりあえず今日泊まる宿探しをしました。

22時くらいに空港に着いたので、地下鉄は夜道歩かないといけなくなるからちょっと怖いし、いつもお世話になっているBooking.com tonightで口コミが高かったLazy Bird Guesthouseへ。

空港にピックアップに来てもらいました。


待ち合わせの場所で私の名前を読んだのがまさに韓国イケメンで、
スッピンにメガネの自分を猛烈に恥じましたが、イケメンはこの車だよって教えてくれる係りの人で運転手はまた全然違ってて、がっかりしながら宿へ。

ぱっと見一軒家みたいなその宿は中が超綺麗で、シャンプーもボディーソープも熱いシャワーもタオルも使えて朝ごはんも付いている、超絶素敵ホステルでした。

いいとこ見つかってよかったー!


明日は朝早く宿を出て、南大門に行けたらいいなと思っています。

ちゃんと行けるといいなー。

Posted on 2013/12/28 Sat. 23:24 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

28

How can I forget those days? 



もう本当に、
お金が無いし、長期の休みもなかなかないし、しばらくあんな風にどこかに旅したりするなんて、心から無理だと思っていた9月のある日のこと、
職場で流れていたラジオから、

「今年の年末は大型連休になりますからねー」

という声が聞こえてきて、
まだ9月なのに年末なんて気が早いなぁと、何気無くカレンダーを見てみたら、しばらくこんないい感じの連休が訪れないのだということに気づき、
以降二週間程、私の頭の中では常に会議が行われる事になりました。


電車に乗っている時も、お風呂に入っている時も、金兵衞のお弁当をつついている時も、常に私の心は揺れていました。



そうしてもやもやしているうちに、行こうかなあとぼんやり考えていた便のチケットがいつの間にか無くなり、価格が上がり、
買うなら今しかない!と、株のディーラーか私かみたいな勢いで、
お酒を飲み、アルコールの力を借りてようやく「便を予約しますか?」の問いに「はい」と答えることとなりました。


本当は東欧に行きたかったのだけど、
どう頑張っても払えるチケットの金額ではなく、
(どうしても東欧に行きたくて日本中の空港で価格比較し、安くて比較的近いセントレアから行こうかと思う位当時の私の心は熱かったが、時間がかかりすぎることに気づきやめた)

今回行くところは正直私もなんでここにしようと思ったのか、あんまりよく覚えていないのだけど、とりあえず、
年を取って保守的になったら行かなくなりそうだからと、また体力がいりそうな感じの国になりました。


キリム的な絨毯が可愛くて、
陶器があって、
建築物が美しく、
ご飯の文化が私好みでウォッカが飲める、
シルクロードの国、ウズベキスタンです。


比較的安全な国らしく、トルコ的な感じなんだけど、ロシア領だった過去があり、なんか面白そうな国です。


ただ、とても寒くて、カードが使えず(正直これが一番厳しい…)、紙幣がちょっとめんどくさくて英語が通じなくて、かなり難易度が高めです。


久しぶりにKEENを履き、ザックを背負い、皆様方からいただいた素敵なアイテムと共に18時50分のフライトで旅立ちます。


さよならー!

Posted on 2013/12/28 Sat. 17:02 [edit]

category: 未分類

TB: 0    CM: 0

28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。