05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

trip to MOROCCO Day 9 Fes 古都フェズ1日目、隠れ陶器コレクターの熱い1日 

trip to MOROCCO Day 9
Fes
28.12.2014



朝5時に着く予定のフェズ行きの夜行バス、
朝4時半にフェズのバスステーションに到着しました。


全然眠れなくてちっとも疲れ取れてないのと、砂漠キャンプと夜行バスで2日間お風呂に入れてなくて、
髪の毛砂と油でめちゃくちゃだし、歯磨きさえも出来てない非常事態。
一秒でも早くシャワーを浴びたい。。
自分猛烈に臭い。。


しかしホテルはそんなに早く部屋が空かないので明るくなるまで、バスステーション内のカフェでコーヒー飲みながら待機しました。




7時半になり、20DH払いタクシーでホテルへ。




ホテルに着いてチェックインをしたけどまだ部屋が清掃中で入れなくて、
フロントのお兄さんが朝ごはんを食べておいでと言ってくれたのでお言葉に甘えることにしました。


ホテルの地下に食堂があり、コーヒーか紅茶を選んで伝えると、可愛らしいおばちゃんがパンと一緒に席に運んできてくれます。



パンもりもり。
でもお腹空いてたから嬉しい。


そして部屋が空いたらシャワーを浴びてさっぱりし、街へ出ました。






宿から30秒の位置にあるブー・ジュルドー門。
青いタイルが印象的な、フェズのメディナへの入り口となる世界遺産の門です。







今日と明日泊まる宿。
メディナに近いし分かりやすい場所だしアクセスとても良い感じ。





フェズはモロッコで1番古い街で、陶器が有名な所でもあります。

特にフェズの陶器の模様によく使われる青色はフェズブルーと言われていて有名らしく、隠れ陶器コレクターでありますわたくし、フェズでは必ず陶器を手に入れると心に決め、日本からぷちぷちをたくさん持参してきました。


宿や電車の情報そっちのけでかわいい陶器のお店を調べてきた結果、二つ行きたい所があって、まずメディナの外にある一つ目のお店に向かいます。




日の光が眩しい。




道端のお菓子屋さんのお菓子に集る虫。

初めて見た時衝撃的だったけど、結構こういうお店を見かけます。

なるべく現地で生活する人と同じものを食べたいと思って旅してるし、少しくらい衛星的に問題ありそうなものも平気だけど、ちょっとこれは無理…





お店に到着し、品定め。




私が欲しかったのは、コセマというメーカーのお皿です。
青い幾何学模様が綺麗なコセマの食器はモロッコでもとても有名なのですが、何年か前に工場が火事になってしまったらしく、今ではなかなか買えないのだそうです。

このお店に行けば買えると知り、はるばる来ました東京から。




上の方に並んでいるものがコセマのものです。

中くらいのお皿を2枚と、
サラさんの家で見たタオスの食器の小さいものを2枚購入。


4枚で150DH(約1700円)。
日本でもモロッコ系のお店でたまにコセマの器売ってるけど、こんな値段で買えないなー。
あー幸せ。。




そして次はメディナの中にあるもう一つのお店に向かいました。









途中で見つけた大胆な寝姿の犬。




お肉屋さんの軒先で、これからさばかれる時を待つ捕らわれの鶏たち。




果物屋さん。
今はオレンジとみかんのシーズンなので並んでいる商品の8割が柑橘系。
街を歩くと5mおきくらいにみかんの皮が転がっています。



そしてこんなところも見つけました。





おじさんが触っているものは羊の毛らしきものです。



そしてまた迷い、道を尋ね、やっと辿り着いた目的のお店。



フェズ・ブルーアートといいます。



ここは質の良い陶器を集めて販売しているお店で、セレクトショップなどに卸もしているそうです。








去年ウズベキスタンに行った時喜んで陶器を持ち帰ったものの、脆い為欠けたりするのが怖くてほとんど使えていないので、
かわいいだけじゃなくて、ちゃんと作りがしっかりしたものを買うのが今回の私の課題です。


つるつるしたものと、ややざらざらしたものと、触った感じが違う2種類の陶器があってどっちが強いのかお店のお兄さんに聞いたら、
ざらざらした方だよ!
と、いきなりざらざらの方のお皿の上に乗り出しました。


割れちゃう!とびっくりしたのですが、お皿はびくともせず、
感動した私は中くらいのボウル2つと、小さいボウルを2つ購入。

全部で350DH(約4700円)。
さっきのお店と比べるとかなり高かったけど、絨毯と陶器にはお金を使うつもりで来てるからいいのです。


そしてつるつるよりざらざらの方が頑丈な分重かったのだけど、陶器に関しては気合いで持って帰るからと重さは気にしないことにしました。




そして人混みを歩くのに疲れたのと、お昼をまだ食べてなかったので、ちょっと遅い昼ごはんを食べました。



地元の人がいっぱいいて混み合っていたサンドイッチ屋さん。






色んなお肉がミックスされたサンドイッチを食べました。
ポテト付きで12DH(約160円)。

安くてボリュームがあって、とても美味しかったです。


次々とお客さんが来るのであまり長居しないで退散。




1日目にして目的のお店で目的のものを購入したらどっと疲れてしまい、荷物を置きに宿に一旦退散。



そういえば、シャウエンに行くバスのチケットのことなんにも調べてなかったとに気づき、慌てて調べ始めること1時間。

バスステーションに行ってチケットを買わなきゃいけないのですが、バスステーションがいくつかあってどこで買えるのかとか、時間とか、値段とか、
本当になんにも分かってなかった。。

そしてフェズを出た後の宿もやっと全て予約。


暗くなって宿に帰ってからやってもよかったけど、ちょっとソファに座っていたくて、調べ物は勢いでだいたい全部調べてしまいました。


16時過ぎになり、バスステーション行ってチケットの予約だけしようと外出。


近くの交番みたいな所にバスステーションと思われる場所への行き方を聞きに行ったけど、全く英語通じなくて、
フランス語で一生懸命話されるんだけどよく分かんないし、半分当てずっぽうで歩くことに。


しかし、元々頑張って探すぞっていうテンションじゃなかったから、結局だらだら街を歩き回るだけになってしまいました。



だらだら当てずっぽうで歩いた軌跡。





歩くのが面倒になったのと、18時過ぎてだんだん暗くなってきたから、もう明日でいいやとバスの予約を放り出し、宿に戻りました。


夜ご飯を食べる気力もなく、疲れすぎて19時半に就寝。

明日は絶対しっかり動く。
そしてシャウエン行きのバスを予約する。

Posted on 2014/12/31 Wed. 17:06 [edit]

category: MOROCCO

TB: --    CM: 0

31

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。