07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

trip to MOROCCO Day 10 Fes 古都フェズ2日目、物欲に取り憑かれた1日 

trip to MOROCCO Day 10
Fes
29.12.2014


朝起きて嫌な予感がして外を見ると、地面が濡れていました。

モロッコに来て初めての雨、
フロントのお兄さんにはラッキーだねって言われたけど、ちっとも嬉しくない。




朝ごはん。

今日は昨日食べたナンみたいなのがなくてちょっと残念。
こっちのオリーブオイルはとっても美味しくて、いくらでもパンが食べれてしまって危険です。



フロントのお兄さんにランドリーサービスがあるか聞くと、今出せば夜には出来るよと言われ、お願いして外に出ました。


成田に行く時雨が降ってたから持って来たけど最近荷物の重さに耐えかねて捨てようかと考えていた折りたたみ傘、今一応モロッコ雨季だもんね。
持ってきて良かった。
そして捨てなくてよかった。



まず最初に、CTMというモロッコで1番大きなバス会社のオフィスで明日乗るシャウエン行きのバスの予約をするため、バスステーションに向かいます。

宿を出る時、フロントのお兄さんがここをまわるといいよとフェズのオススメスポットをメモした地図を貸してくれて、そこにCTMの場所も書いてくれました。


ちょっと迷ったけど、徒歩10分くらいで無事バスステーションに到着。



フェズからシャウエンは朝8時、11時、夜23時の3本のバスがあるらしく、私は11時のバスに乗るつもりでいました。

しかし受付に行くと出発の時間が全て30分ほど早く繰り上げられていて、10時半出発の便に乗って行くことになりました。



バスは75DH(約1000円)、荷物代(だいたい5DH)は別途必要です。



無事バスのチケットも買うことが出来たのでメディナの中に行き、お兄さんオススメスポットをまわることにしました。



雨だからなのか、開いているお店がまだ少ない気がする。




キャッシングをしようと思って立ち寄った銀行。
細かいところまでこだわって作ったであろう装飾が周りの景観にきれいに馴染んでいます。




途中入ったテキスタイルのお店で織物の実演をしていました。
編み物も上手にできないし全く自信ないけど、織物は1度挑戦してみたいな。


そしてタンネリと呼ばれるなめし革染色職人街を見に行きました。



革製品屋さんにテラスから見ると全体が見れると言われ声をかけられ、上から見たところ。


革製品が有名なフェズでは、革製品を作るために今も手仕事で染色の作業をしています。
染色液に革を浸し、染め上がった革はまわりの壁に貼られていました。

タンネリ地区は世界遺産にもなっている、フェズの手仕事を代表する場所でもあります。


ちょっと独特のにおいがするのですが、見ていたお土産はこんな風に作られているんだということが見れて、とても良かったです。




テラスからは街を一望することができました。






タンネリを見た後立ち寄った真鍮製品やシルバー製品を扱うお店。


お土産を買ったら、作っているところを見学させてくれました。



小さな杭のようなもので模様をつけていく職人さん。



こつこつ地道な作業を続け、こんなに繊細な模様を作っていきます。


流石にちょっと高いし、家での使い道が分からなくて買わなかったけど、
職人さんの手仕事がこんなに間近で見られて嬉しかったです。




歩いていて見つけたモスク。



イスラム教の人以外立ち入り禁止で中には入れませんでしたが、
入り口のところの装飾がとても綺麗でした。








そして朝から降っていた雨も止み、メディナの中を散策しました。



お土産用にアルガンオイルを買ったお店。

モロッコでは至る所にアルガンオイル屋さんがあり、なるべく綺麗で新鮮なものを買いたいので他にもいろんなお店に行きました。



そしてお腹が空いたのでお昼を食べに行きました。



卵と鶏肉のタジン。





パンとオリーブもついて40DH(約530円)。




ご飯を食べて外に出ると青空が広がっていたので、メディナを出て、丘の上に散歩に行くことにしました。







朝行ったバスセンターを超えて、



あの右端の小さい遺跡みたいなところまで歩きます。




メディナを囲む城壁。



30分くらいの距離のはずと思って歩き出しましたが、客引きの人もいないし、気持ちの良い散歩はあっという間でした。






丘に到着すると、羊が食事をしていました。



すでに結構いい景色。





こういう植物を見ると毎回、手塚治虫の火の鳥を思い出してしまいます。





うっかり岐阜かと思った景色。

下の方には白いお墓らしきものが見えます。


実はここはマリーン朝のスルタン達が埋葬されている墓地で、
今丘の上には崩れた壁が残っている程度ですが、昔は大理石の墓碑が並んでいたのだそうです。


ここはフェズで1番高い場所なので、360度とても良い景色が広がっていました。











そして来た道を戻り、再びメディナの中へ。




宿のお兄さんオススメスポット、ブー・イナニア・マドラサへ行きました。
チケットは10DH(約130円)。

ここはブー・イナニア王に作られたマリーン朝最大の神学校だった場所です。



当時はこの中央の水場で学生がお祈りの時や授業の前に身を清めていたそうです。

世界遺産なだけあって壁の幾何学模様の装飾がとっても綺麗。






入口の所の装飾が去年ウズベキスタンで見た建物と同じ作りでした。








お兄さんオススメスポットはだいたいまわったので、メディナの中を歩き回りました。




水道屋さん?の看板らしきもの。
脱力系のイラストがとてもかわいい。








針金?で陶器やガラスに装飾したものを売っているお店。



この細かい模様も、ペンチやハンダごてのようなものを使って職人さんによって一つ一つ手で作られています。



ショットグラスみたいな物をお土産に買ったら、職人さんが実際に作っているところを見せてくれました。





お肉を油に漬けたもの。




ハチミツ屋さん。

味見させてもらったハチミツがとても美味しくてお土産用に一つ買ったのだけど、うちにも欲しくなってもう一度行ったらちょっとおまけしてくれました。



こんな感じで計り売りしてくれます。






憎めない表情のラクダ。
















信じられないくらい油を吸ってそうなお菓子を売っているお店。



でもちょっと食べてみたい。。





何に使うか分からないのだけど、大理石にコーランや家族の名前を彫ったものが売っていました。




途中で見つけた水飲み場みたいなところ。タイルがもう芸術。



ふらふら歩いていると10分おきくらいに気になるものを見つけて、そんなに高くないしいいやと思ってよく考えもせず、ぽいぽいものを買ってしまっているので、重かった荷物がもう笑えないレベルにまで来てしまいました。

私どうやってチェックインカウンターを乗り越えるつもりでいるんだろうか。。







暗くなってきたので、夜ご飯は昨日お昼ご飯を食べたサンドイッチ屋さんへ。



今日はチキンのサンドイッチ。


昨日はあんなに混んでいたのに、今日は全然で、ゆっくりご飯を食べることができました。



宿に戻る途中、お昼に見て気になっていた、油と砂糖にまみれたお菓子を明日のお昼用に買いました。

gで価格は変わるらしいけど、小さいの5つ買って22DHでした。

宿に帰って一個食べてみたらめちゃくちゃ甘かったー。。



今日は昨日と違ってたくさん動き回り、充実した一日になりました。
チケットも買えたし。

フェズでは気をつけるんだよとマラケシュのみんなが注意をしてくれたおかけで、特にトラブルもなく、無事フェズの街を楽しむことが出来ました。


明日は青の街、シャウエンに移動します。

Posted on 2015/01/02 Fri. 08:37 [edit]

category: MOROCCO

TB: --    CM: 0

02

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。