09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

trip to MOROCCO Day 13 Casablanca CTMおじさんとドライブデート 

trip to MOROCCO Day 13
Chefchaouen→Casablanca
1.1.2015



2015年元旦の朝5時、心配性の私は顔を洗って歯を磨いて化粧をするだけの状態で寝たにもかかわらず6時出発のため起床し、1時間そわそわとしながら時を過ごしていました。


6時きっかりに宿を出発。
フロントのお兄さんが眠そうに宿の門を開けてくれました。
ありがとう。


昨日歩いた坂道を下ります。

バスステーションに行くまでに見つけたイルミネーション。




スーツケースに引っ張られ、昨日歩いた時より早い15分弱でCTMのバスステーションまで行くことができました。
もたもたしなくてよかった。


そして荷物の預け代を払うためにオフィスに行くと荷物用のはかりがあり、借りてもいいか聞いて今のスーツケースの重さをはかってみると、30kgという衝撃の測定結果が出ました。


いままでの旅最重量記録更新…

背中に背負っているリュックにはすでに1kgのクスクスとスーツケースに入りきらなかった細かいお土産がたっぷり入っていて、さらに肩にかけているショルダーには洗濯物がしっかり詰まっていて、
飛行機の機内預け荷物の重さは20kgまでだから、このままいくと15kg近い手荷物を持ってトルコでトランジットをしなければいけない。。

米より重い荷物を持って歩きまわるなんて!



しかも、モロッコでのチェックインの時に一回荷物を預けたら成田着くまで預かってもらう気満々でいるけど、トランジットが長いからってトルコ着いたタイミングでスーツケースを一旦返却されたらもう身動きが取れない。。



この時はもう、斜め前に座っている白人の男の人がかっこいいっていうことくらいしか私の心を癒せるものはありませんでした。
(しかしこの5分後には白人の男の人は席を間違えて座っていた事が判明し、私の目の届かない所に行ってしまった)




バスは2時間ほど走ると休憩所に到着し、
昨日の夜も食べていなくてお腹が空いたので朝ごはんを調達しました。


言葉が通じなくてあの人が食べてるやつと身振り手振りで頼むと、ミントティーと、サンドイッチみたいなものを出してくれました。

ミントティーは頼んだつもりはなかったし、すぐバスに戻らなくちゃいけないからいいって言ったんだけど、ガラスのコップごとあげると送り出され、
これ以上荷物が増えることに恐怖を感じていた私は熱々のミントティーを飲み干し、コップを返してバスに乗り込みました。




クスクスを固めて焼いたような、噛むとほろほろほぐれる食感が面白かったです。不思議な食感。
そしてすごくお腹にたまる。

おじさんにチーズを入れてもらってチーズ味。


10DH払っていたのだけどコップを返却したらおじさんが2.5DH返してくれました。
というか、サンドイッチとミントティーで7.5DH(約100円)という驚異的な安さ。


隣の席のお姉さんに聞いたらサンドイッチはハルシャという名前なのだそうです。



そして一旦モロッコの首都であるラバトで停車して休憩し、カサブランカに向かいます。


隣のアラブ系の美人のお姉さんがみかんをくれて、
アラビア語で「シュクラン(ありがとう)、「ブニン(美味しい)」って言ったら、
あなたアラビア語喋れるの?と笑ってみかんをもう一つくれました。

最後に「ハムドゥリッラー(ごちそうさま)」と言ったらまた笑ってくれました。


全部イシャムさんとラシッドさんに教えてもらったアラビアの言葉。




12時半、バスはカサブランカの街に到着しタクシーを捕まえてホテルへ。



ずっと安宿だったモロッコの旅で初めてホテルに泊まります。
やっぱりホテルは部屋綺麗。


荷物を下ろし、街へ出ようと思った時、バスの中に荷物を入れて出てきてしまった事に気づき、慌ててフロントへ行き、事情を説明すると、CTMのオフィスに行きなさいと言われ、タクシーで今来たばかりの道を走ってオフィスに向かいました。




事情を説明すると、バスは荷物を乗せたまますでに出発してしまったらしく、スタッフの人が方々に連絡を取り、ここからタクシーで15分くらいの別のCTMのオフィスに荷物を預けてもらう事になりました。

バスが出る前に清掃するタイミングで発見され、遺失物取り扱い所みたいな場所で預かってもらえてるはずと甘いこと考えていた私がバカだった。。
まさかバスが荷物乗せたまま出てしまっていたなんて。。


スタッフの人に、今からタクシーで自分で取りに行くか、1時間後に今いるオフィスに荷物が戻ってくるのでその時に取りに来るか、
どっちがいいか聞かれ、1時間後にまたオフィスに戻ってくることにしました。


最後の最後で失敗してしまった。。
反省し一旦宿に戻った後、お昼ご飯を食べに行きました。



「ホテルはこっちです。」




カサブランカは大きな港がある街で、海の幸をメインにしたレストランをたくさん見かけます。

でも夜はどうしてもクスクスが食べたいから、お昼は軽めにスープにしました。




海老と卵のスープ。

パンと甘辛いソースも付けてくれました。

少しだけにんにくの味がして、美味しかった。



作ってくれたおじさん。
写真撮っていい?って聞いて撮ったけど、強面に写っちゃった。




そして少しだけ街をふらふらし、約束の1時間後になったのでオフィスに向かいます。

カウンターにはさっきのスタッフの人がいなくて、もう一度事情を説明すると、荷物はここには戻らないからさっき言われた別のCTMのオフィスに荷物を自分で取り行ってと言われました。

さっきと話が違うなと思いながらスタッフの人に連れられタクシーに向かうと、
スタッフの人曰く20DHくらいで行けるはずの距離をタクシーは50DHだとふっかけてくるし、
スタッフの人に私が話してるのに横入りしてきて話すしでタクシーの人と口論になり、
結局スタッフの人が車で乗っけて行ってくれることになりました。


ああなんか本当にごめんなさい。。


スタッフの人(CTMおじさん)は42歳、まだ3歳の小さな女の子のお父さんです。

お互い英語が苦手で、持ってきていたフランス語の辞書で話をしました。


10分ほどドライブするとガソリンスタンドの隣にひっそりとあるCTMのオフィスに到着。

荷物をピックアップして、再び車に乗り込みました。


お互いうまく喋れないのに何故か会話は途絶えなくて、
車内ではずっとCTMおじさんと話をしていました。


これからどこに行くの?と聞かれたので、ハッサン二世のモスクに行こうと思ってると答えると、
娘の買い物のついでに連れて行ってあげるよと乗っけていってくれました。



ハッサン二世のモスクに到着。



すぐ横は海で、カモメがたくさん飛んでいました。





2人で車を降り、少し外の風を浴びて、
ここで大丈夫と言ったんだけど、ついでだからとホテルまで乗っけていってくれたCTMおじさん。


荷物忘れて最悪だと思っていたけど、
さんに会えてよかった。
ドライブとっても楽しかったです。
親切にしてくれてどうもありがとう。





CTMおじさんと別れた後、一旦荷物を置いて街を散策しに行きました。


途中でたまたま見つけた市場。




もう夕方なのでほぼ閉まっていたけど、
生牡蠣食べない?と声をかけられ、ここで一個だけ食べました。



万が一牡蠣にあたっちゃったらどうしようと本当は少しだけ不安でしたが、食べたら濃厚ですごく美味しい牡蠣でした。







その後はスーパーへ。



途中で見つけた壁画。
何の広告?なんだろう。


カサブランカは都会なだけあって、今迄なかったような大きなスーパーがありました。





荷物重すぎて限界を超えていたけど、モロッコで毎日のように食べたオリーブオイルをどうしても日本でも食べたくてお土産に買いました。




すごく大きくて品揃えが良かったスーパー。


最後にクスクスを食べるためにお店を探します。



しかしどこに行ってもクスクス今日はやってないって言われてしまい、
なるべく地元の人が行くようなお店を選んで探していたけど、そうも言ってられなくなってきたので、観光客用のちょっと高級な感じのお店へ。



ナプキンが出てきたのこの旅初めて。



ああやっと食べられる。。
何回食べてもまた食べたくなるこの味、食感。



そしてマーケットを抜け、ホテルに戻りました。





最後にモロッコのビール。



イスラムの国だからバーを探すの難しいけど、今日行ったスーパーはすごく大きかったのでビールもたくさんありました。



こんなに一つの国に長いこといたの初めてだけど、どの地域にもちゃんと特徴や色があって、少しも飽きずに旅をすることができました。


明日はカサブランカの空港へ行き、モロッコを旅立ちます。

Posted on 2015/09/20 Sun. 00:58 [edit]

category: MOROCCO

TB: 0    CM: 0

20

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://55zakkapacker.blog.fc2.com/tb.php/115-70188f5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。