05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

trip to UZBEKISTAN Day 4-2 Samarcand サマルカンドナイト 

trip to UZBEKISTAN Day 4-2 Samarcand
31.12.2013


街を観光していたときに、サマルカンドナイトに行かないかと現地の人に誘われていました。

どこに泊まっているのか聞かれたのでホテルの名刺を見せてしまっていて、サマルカンドナイト(いくらかお金を払ってお酒を飲んだりして年を越すイベント)に迎えに行くからと言われていて、てっきりその電話だと思った私は電話に出るのを躊躇していました。


見ず知らずの人とお酒飲んで何かあったら怖いし、体調が悪いふりして断ろうと思っていたら電話はサマンダールからで、

「今から下で家族でご飯を食べるんだけどおいでよ」

と夕食のお誘いの電話でした。


家族の大晦日の夕ご飯に参加していいのかとどきどきしながら食堂に降りると、たくさんの料理がならんでいて、
おばあちゃんが座りなさいと席を案内してくれました。



お父さんがウォッカをついでくれて、みんなで乾杯。




ロシア語もウズベク語も話せない私のためにみんな英語で話してくれて、
(ただし私は英語さえも話せない)
ウズベキスタンのお正月についていろいろ教えてくれました。


ウズベキスタンではクリスマスとお正月が一緒になったような感じで新年をお祝いし、
デットマロースというウズベキスタン版サンタさんが親戚などの家を回り、
その家の子供がポエムを歌えたら、デットマロースが袋からお菓子をあげるということをするらしいです。

ご飯を食べてひと息ついたらサマンダールがデットマロースの衣装に着替え始めて、

「デットマロースにはプレゼントを渡してくれるなんとかかんとか(忘れた)という人が必要なんだ。
アイにはなんとかかんとかの役をしてもらうから、記念に一緒に家を回ろうよ」

と言い出し、よく分からないJapaneseが一緒に一族のニューイヤーをお祝いすることになりました。




内心、今から向かう家の人にしてみたら、なんかいきなり変なの来たみたいな感じになるし、
ちょっとそこ空気読んで自粛するべきでしょうと思ったんだけど、
サマンダールと妹のファルゾーナが行こう行こうと言ってくれたので、面白そうだし、お言葉に甘えてついて行くことに。




まずお母さんの実家へ。




デットマロースのサマンダール。





次に愉快なおじさんの家。




愉快なおじさんも一緒に最後は大家族の家。




行く先々でウォッカで乾杯し、美味しい美味しいと飲んでいると飲みっぷりが気に入られて、もっと飲みなさいと勧められぐいぐい飲むけど不思議と全く酔わず、
最後は勧めるおじさんをお父さんが危ないからもうやめなさいと制止する始末でした。

すみません。
でも本当に美味しかったです。




結果3軒の家を回り、子だくさんのウズベキスタンの一族の子供たちにたくさんのプレゼントを渡して回りました。

行く先々でたくさんの人と写真を撮り、美味しいものを食べ、言葉が通じない人もいたけどジェスチャーで意思の疎通をして、楽しいお酒と共に、笑いの絶えない貴重な時間を過ごしました。

一人旅だし一人で年越しするつもりだったのに、こんなにたくさんの人に囲まれて2013年の最後の夜を迎えることができて本当に幸せです。
しかも2軒目のお家では日本へのお土産にってチョコまでもらってしまいました。


この宿を勧めてくれたアリッサと、サマンダール一家に心から感謝して就寝。


酔って記憶がなくならなくて本当に良かった。
私は決してこの夜を忘れないでしょう。



特別な思い出を胸に、青の都サマルカンドを出発し、明日ブハラへ鉄道で移動します。

Posted on 2014/01/02 Thu. 07:37 [edit]

category: 未分類

TB: --    CM: --

02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。