05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

trip to BALTIC COUNTRIES Day 5 LAVUVIA Riga リガの街歩きとオルガンコンサート  

trip to BALTIC COUNTRIES Day 5 LAVUVIA Riga
23.9.2015


いびきに悩まされ、あまり眠れないまま朝を迎えました。

朝ごはん。



きゅうりとトマト、10種類くらいバターやチーズがあったので、サンドイッチにして食べました。

9時過ぎに宿を出て街へ。



いろいろな場所で工事をしていましたが、景観が壊れないようシートに工夫がされていました。



そして宿の近くの蜂蜜屋さんへ。



蜜蝋のキャンドル。



ハチミツ。



ハチミツを取るための道具も売っていました。





旧市街に行くまでに見つけた日本食のお店、TOKYO。



旧市街の中にも何店舗かあったのでチェーン店なのかもしれません。


国立オペラ座。



バルトの国々ではオペラやバレエはポピュラーな娯楽らしく、気軽な値段でチケットを買えるそうです。

カワハラダくんにも見た方がいいとオススメされていたので、もう少し時間が経ってチケットカウンターが開いたらもう一度来ることにしました。



ラトビアで有名なチョコレートのお店ライマ。



旧市街に何店舗かあり、お店の中はチョコレートのいい匂いがします。




そしてネコの家と呼ばれる建物。



屋根にネコ。



まだ10時前なので静かな旧市街の街を歩き、お目当てのお店に向かいます。

 





リガに来たら絶対行きたかったお店、セナークラーツ。







民芸学的、考古学的な考証から基づいた、さまざまな年代や地域の民族衣装などを扱っているお店です。
地方によってミトンの模様が異なるため、さまざまな地方から集められたものが展示されていて、1部販売もされていましたが、芸術作品レベルの商品のため、市場の3倍くらいの値段がついていました。

高いー。
けど欲しいー。。
しかし買うのは他のお店を見てからにしようと思い、後でまた来ることにしました。

そして繋がった隣のお店にはフェルトの靴や、メイドインリトアニアの服、そしてかわいい犬がいました。





カメラを向けると二匹でじゃれてくるので、ごはんの隙に撮った一枚。

むちむちで人懐こくて本当に可愛かった。。





ここも行きたかったお店、ピピエネ。









カフェが併設されたおしゃれなギフトショップです。

何も買わなかったけど、日本ではあまり見ないようなフェルトの雑貨などがありました。



他にも目星をつけていたお店を次々まわります。



バルティックジュエリーのお店とか、




ニットのお店とか、






教会とか、






広場に、




自由記念碑も、




新市街を出てアレクサンドル ネフスキー教会も行きました。





そして私がリガで一番素敵だと胸ときめいた新市街にあるお店、RIIJA。







リネンにウール、木など、ラトビアの名産のアイテムを溢れるセンスでセレクトし、素敵にディスプレイされています。



この写真の下のほうにあるかご、ひし形の飾りが付いていてラトビア独特のものです。
今日一日ずっと探していたけど見つけられなくて諦めかけていた時にこの出会い、
心は半分決まっていたけどまだこれから行くところにもあるかもしれないとぐっと堪え、
お腹も空いたので近くのカフェにランチを食べに行きました。


ギャラリー兼カフェのイスタバス ブフェテ。



一階がギャラリーショップ、二階がカフェになっています。




ビールみたいだけどアルコールがほとんどないちょっと甘い飲み物、



そして内容も分からず、チキンのランチセットを頼みました。
野菜のディップにパン、



サラダ、



この時点ですでに多いなと思っていましたが、更に温野菜にポテト、
お米のサラダ、



チキン。




確かに地球の歩き方にはボリューミーって書いてあったけど想像を遥かに超えたボリュームでびっくりしてしまいました。

これ1人分ですよね…?
でもリトアニアでは芋!肉!油!って感じのごはんばかりだったので、身体に優しい野菜いっぱいのごはんは涙が出るほど嬉しくて、パンとお米は少し残してしまったけど、野菜だけは残さず全部たべました。

しかもただ量が多いだけじゃなくて、一品一品ソースに砕いたナッツが加えてあったり パンにガーリックオイルが塗られていたり、細かいところにも手がこんでいて、 ドリンクもつけて14ユーロとラトビアのランチにしては少し高かったけと、毎日食べたいくらい本当に本当に美味しかったです。



お腹がはちきれるくらい食べたので、もう今日は夜食べないことにして、腹ごなしに歩いて中央市場へ向かいました。

隣には昨日の夜着いたバスステーションがあります。



バスステーションの隣を流れる川を渡ったところにある中央市場。









もしかしたら民芸系のお店があって、別のかごが見つかるかもと期待していましたがほとんど見つけられなかったので、
やっぱりさっきのRIIJAで買うことにして再度街をぶらぶらします。


そしてオペラ座にドレスコードのことと、タイムスケジュールについて聞きに行きました。
ドレスコードがダメなら近くのH&Mでワンピースと靴を買おうと思っていましたが、 ドレスコードはないよって言われてホッとしたのもつかの間、今日はバレエもオペラもお休みで、明日が公演の日なのだそうです。

かなりショックでしたが、今日リーガ大聖堂でオルガンコンサートをやるっていうチラシが貼ってあったのを思い出し、 さっそくチケットを買いに行きました。




しかしチケットは17時からの販売でまだ2時間弱あったので、この隙にセナークラーツでどうしようか迷っていた本と、
RIIJAにかごを買いに行って宿に置き、また戻ってくることにしました。


私が買ったかご。



脂汗がでるほど悩んだけど、どうしてもどうしてもどうしても一つに決められなくて、二つとも買ってしまいました。
おかげですごい荷物。

スーツケースに入らないし、かさばりすぎて持ってきた大きめのバックにも入らなかった…

でももう満足だからよし!
宿に荷物を置き、ちょうど時間になったのでチケットを買いました。




7.5、10、15ユーロと席によってチケットの値段は変わりますが、真ん中の10ユーロのものを購入。

そして1時間後の18時、オルガンコンサートが始まりました。





コンサートといっても、教会にあるパイプオルガンのみのコンサートで、教会の後ろの二階にオルガンがあるので弾き手の人も見えないし、正直席はどこも同じだと思います。

1時間、途中気持ち良くてうとうとしながら演奏を楽しみました。



演奏が終わり、みんなで後ろのオルガンに向き直って拍手喝采。



今日のコンサートのチラシ。


旅先でコンサートとかに行くのは初めてだったけど、こういう体験もいいなと感じました。
そして、少しだけ夜の街を散歩して宿へ。




リガはヴィリニュスと比べると旧市街が小さく、かなり歩き回ったので今日一日でだいたい見たかったところは全部見てしまいました。

明日は迷って買わずにおいたものを買いに行き、もう一度街を散策した後、夜のバスで3カ国目、エストニアのタリンに向かいます。

Posted on 2015/09/25 Fri. 03:30 [edit]

category: BALTIC COUNTRIES

TB: 0    CM: 0

25

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://55zakkapacker.blog.fc2.com/tb.php/126-4e43b319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。