05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Day 12 PERU マチュピチュとセンチメンタルなクスコの夜 

Day 12 PERU マチュピチュ
6.3.2013

毎日思ってるけど、今日のことは絶対に忘れたくないので、
久しぶりの一人の夜、出来るだけ今日の出来事を思い出して書きます。




朝6時、三人組と待ち合わせしてマチュピチュ行のバスへ。


マチュピチュ、ワイナピチュを登るため、マチュピチュおしゃれをしようと決めていた私達、
私はBOLIVIAで買ったボリパンに首から下げるポーチ的なやつと
クスコで買った孔雀ピアス(と私が勝手に呼んでいる)を、
三人組もボリパンにタイパン、PELU Tシャツ、
そして2ソルで買った笛をぶら下げて出陣。



雨が降っていて宿の横を流れる川もごうごうだし、かなり望み薄な一日の始まりでした。



絶望的な景色。



ワイナピチュはマチュピチュの先にあり、しかも入場の予約が7時から8時の間だったため、マチュピチュを迷いながらもダッシュで通過。







雨も止み、霧もだんだん晴れて来て、寒かった気温がもう真夏に。



マチュピチュはあんまり登山って感じではなく、探検っていう雰囲気だけど、
ワイナピチュはこれ。
これを登るのです。





まともな登山は初めてだし、
(高尾山さえも登っていない)
ワイナピチュ見た瞬間正直無理!って思ったけど、一時間くらいで登れるって聞いたし、富士山経験者が2人もいたので頑張って着いて行くことに決めました。



階段(っていうか岩)めっちゃくちゃ急だし、朝雨降ってて滑るし、落ちたら死ぬしだしで正直怖かったです。。
本当KEEN履いてきてよかった。

私が履きつぶしたコンバースだったら今頃邦人一名ワイナピチュ登山中に転落って新聞の隅に載っていたと思います。超キツかった…
今年初、ちゃんとした汗をたくさんかいた気がする。



マチュピチュとは老いた峰、
ワイナピチュとは若い峰をさすケチュア語だそうです。
ワイナピチュはマチュピチュより高く、ワイナピチュからマチュピチュを望む景色をみんな見たくて、1日400人限定の入山の予約をするのです。



登ってる時は死ぬんじゃないかと思うくらい辛かったけど、
登った後、頂上での一休みは格別でした。
欲を言えばおにぎりとたくあんが欲しかった。



確かに、ワイナピチュから見るマチュピチュの眺めは絶景です。
すでに何度か褒めたけど、改めて頑張った自分を褒めてあげたい!



だってこれの頂上やで!



そしてマチュピチュへ。
ワイナピチュ登った後だったから、マチュピチュはかなり楽勝でした。
全然キツくない。
汗も引いたし。


一度外に出て、アルコールを摂取。
頑張った後の一杯は本当に美味しい。
今日の一杯は格別でした。


もう一度マチュピチュに入場し、
朝霧がかって全然見えなかったところと回れなかった場所を再度回る。









朝7時から動き回ったので、こんなにあちこちしてもまだ14時。

私のクスコ行の電車が16時だったので、愉快な三人組が気を使ってくれました。ありがとう。



そして、ずっと気になっていたけど、
日本人が食べるとお腹を壊すと噂に聞いて戸惑っていたクイの丸焼きを食べに行きました。

クイとはモルモットというかネズミというか、な感じの生き物で、ちょっといいお値段がするくせに結構グロいのです。


四人で最後だしってことでチャレンジ。




ちなみに私は右腕でした。
指の感じが残ってて気持ち悪かったけど、味はケンタッキーみたいで美味しかったです。

顔は最後まで直視出来ず。
業にはいれば業に従えだけど、ちょっと今回はごめんなさい。

でも本当に美味しかった。
今のところ、お腹は元気です。



そして、二カ国、4日間を共にした三人組とさよならして、ひとりペルーレイルに乗り、クスコに帰ってきました。






楽しい卒業旅行に、なんかよくわかんないまま突然メンバーに加わったのに、いろいろ良くしてくれて本当にありがとう。
この出会いは絶対に忘れません。

シュンスケくん、私のウインドブレーカー、次回の高尾登山の時まで預かっててください。
また、みんなに会えることを心から楽しみにしています。




私の世界一周、初めての大陸である南米周遊を振り返って、
ひとりで旅に出たので、全てひとりで何もかも見てまわる予定でした。
以前一人旅した北欧もそうだったし、パーティーを組んであちこちをまわるなんて、想像もしていませんでした。



だけど、この旅のどの瞬間を思い出しても必ず誰かがすぐそばにいて、困ったとき、いつだって手を貸してくれました。

ひとりでは出来なかった経験、
食べられなかった食べ物、
見ることが出来なかった景色、
生まれなかった感情、
たくさんの思い出を与えてくれてありがとう。
この旅で出会った全ての人に心から感謝しています。
本当に本当にありがとう。



センチメンタルな南米の夜。
明日はひとりでクスコ散策。
短かった南米の旅、最後の一日です。

Posted on 2013/03/07 Thu. 22:54 [edit]

category: PERU

TB: 0    CM: 2

07

コメント

 

いいなぁ、マチュピチュ。この世のものとは思えない景色。
今まで廻って来られたところも含め、テレビでしか見た事ないような景色をたくさん見せてくれてありがとう。実際に行ってみたくなりますわ。
毎日、貴重な経験をいっぱいしてるようで、羨ましいねぇ。
まだまだ先は長いから、身体と心と貴重品と命に気を付けて。
また、続きを楽しみにしてます。

URL | センム #- | 2013/03/08 10:38 | edit

Re: センム 

センム
お久しぶりです。
Blogは現在楽しげな感じですが、ひとりになってからどうやら悪霊に取り憑かれています…
貴重な時間を与えてくださり、本当に感謝しています。このご恩を作品を通して返せるよう旅をします。
どたばたしますが、あたたかく見守っていただけますと幸いです。

URL | kawaaaaachi #- | 2013/03/09 22:34 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://55zakkapacker.blog.fc2.com/tb.php/23-8f30b48f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。