05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

DAY 21 EGYPT ピラミッドツアーと最後の夜 

DAY 21 EGYPT Cairo
15.3.2013

今日は昨日一昨日と砂漠を一緒にまわった、コウキくんとフクダくんと三人でピラミッド巡りのツアーに出かけました。

朝ごはん、昨日と同じ甘いパン。
激甘なパンとも今日でさようならです。

別の宿に泊まっていた二人と8時に宿の前で待ち合わせ、
車に乗り込み出発。





私が二日間、宿にツアーにお世話になった、ベニス細川さん。

日本人宿なのに日本人があんまりいなくて少し残念だったけど、スタッフのみなさんが優しくケアしてくれました。


まずはギザの三大ピラミッドを巡ります。
二人はギザ体験済みだったので、EGYPT滞在中にお世話になった香水瓶屋さんへ行き、途中別行動。


ギザのピラミッド周りは、悪質なラクダ乗りの勧誘や、商品の押し売りがあるから気をつけるようにといろんな人に言われていました。

来るわ来るわ、途切れないラクダ乗りの勧誘、これ持ってけって物を押し付けてお金をせびる商人、もううんざり…



悔しいからラクダ盗撮。



でもひとり、何故かタダでピラミッドの置物をくれたおじさんがいました。
ギザと同じ、ピラミッド三つのセットだったので後で二人にも一個ずつおすそ分け。



スフィンクスもいましたよ。






教科書でしか見た事無かったピラミッド、実物は本当に大きくて、見上げるのも大変です。

よくこんなもの作ったよなーと心から感心。



そして一番大きなクフ王のピラミッドの中に入りました。

クフ王のピラミッドに入るにはギザの三大ピラミッドのエリア入場料60エジプトポンド(約800円ちょっと)に加え、100エジプトポンド(約1400円弱)必要です。

(エジプトにしては)高い…
けど、一つくらいは入ってみたい…と奮発。

中は少しだけひんやりと湿っていて、ほぼ前傾姿勢で進まなければなりません。
背の高い人や体が大きい人は大変だな…
そしてこのタイミングでぎっくり腰になったらどうするんだろうなんてことを考えていたらクフ王の棺があった場所へたどり着きました。


クフ王の石棺が残っていて、
石棺の周りにいたエジプト人に
「中で寝てみたら?」
と進められ、前にいた女の人も横たわっていたので、
え?いいの?とおっかなびっくり私も石棺の中に寝てみました。


寝心地は良くはなかったけど、
この場所でクフ王は何千年も眠っていたんだと思うと、かなり興奮。
入って良かったー…


その後二人と合流し、香水瓶屋さんでお土産を購入。
エジプトでまともにお土産を買っていなかったので、最終日だし、ノンオイルの香水とガラスの香水瓶を購入。



お店のおじさん(以下タレクさん)は日本に20年住んでいたらしく日本語がペラペラ。
そしてコウキくんとフクダくんと同じ大学に通っている息子がいるらしく、サービスで小さな香水瓶をひとつくれました。
ラッキー!
タレクさん、大事にします!

香水瓶を包んでもらっている間にジュース。
みんなおそろいイチゴ味。しぼりたてで美味しい。





そしてその後、ダフシュールとメンフィスとサッカーラへ。

ダフシュールではまたしてもピラミッドの中に入れました。
しかも人が少なく、私ひとり貸し切り。
めちゃくちゃ贅沢。

ピラミッドの中、またしても前傾姿勢で進まなくてはならず、階段たくさん上り下りしたり何気に空気が薄かったりで息が切れます…
体力なさ過ぎ。


そしてメンフィス。









またいたスフィンクス。


ランチを食べようとドライバーさんに言われ、連れてこられた場所が結構いいレストランで、ランチがそんなに高い所(EGYPT価格だけど)に行くと思っておらず、EGYPT最終日で金欠の私たち大ピンチ。
さらにカードも使えず万事休す…
というか27にもなって本当情けない!


結果ドライバーさんが立て替えてくれてなんとかなったものの、現金、やっぱり少し多めに持ち歩かなきゃいけないんだなと反省…

反省しつつ、しっかりいただきました。美味しかったです。ごめんなさい。







そしてドライバーさんにお金を借りるほどお金が無くなってしまった私たちはサッカーラに行く事を諦め、ATMでお金を引き出して借金を返した後、ドライバーさんとさよならして再びCairo市内へ。


暑いし喉乾いたしでなけなしの小銭でジェラートと再びジュースを。
冷たくて美味しい。




そしてみんな今日の夜のフライトだったため空港へ。


街はゴミでいっぱいだったし、常に砂まみれだったけれど、
EGYPTの人たちは日本人の私たちにとても優しく、道が分からなければ目的地まで連れて行ってくれ、
女の人も子どもも、目が会う度にハーイと声をかけてくれました。
握手は冗談ではなく本当に、四日間で百人以上としたと思います。
そのくらい、優しさに溢れたフレンドリーな国でした。

怖い怖いとびびっていたEGYPTですが、短い滞在を終えたいま、私はエジプト人も、この国も大好きです。
機会があれば、是非また来たい。



さようならEGYPT。




そして実は朝の車の中から続いていたしりとり、空港までの道程でも引き続き。
ただのしりとりじゃなくて5文字の英単語で。めちゃくちゃ難しい…
英語苦手なのに、果敢にもW大生に勝負を挑んだ(というか提案した)私を褒めたい。終始完敗だったけど。


最後に空港で、ごはんをおごった代わりに今までMEXICOから買ってきていたお土産を二人に持って帰ってもらうために託しました。
EGYPTは少し不安だったので、次の国くらいで送ろうと思っていたけれど、本当に助かった…

海外の郵便事情はあんまり良くないみたいで、壊れ物とかあるしで手荷物で持って帰ってもらえるなんてかなりラッキー。

そしてさらに幸運なことに二人の住まいは私の家から自転車で10分程。
予定さえ合えばいつでも取りにいける近さ。
素敵な提案をありがとう。
シュクラン。
もろもろ落ち着いたら取りに行きます。


私がEGYPTで一番握手をしたかった二人と握手をして、しばしお別れ。

私は誰かとさよならするのが苦手なので、人と出会う度、その人との思い出が楽しかった分、別れの時に心は大きく揺れるのです。

最後は絶対笑って、と心に決めていますが、ひとりになった瞬間にこれまでの楽しかった事を懐かしく思い出し、どうしても少しセンチメンタルになってしまいます。

しかし、同時にこれからまたひとりで前に進んでいかなくてはいけないと、背筋をまっすぐ伸ばさなければいけません。


ちなみに、今だから言えますが、MEXICOの地下鉄の中ではだだ泣きでした。
今は少しだけ強くなったのでもう泣きません。
いい歳だし。
背筋をシャキッと。


明日の朝は6カ国目、TURKEYへ。
EGYPTからは二時間のフライト。

TURKEYはヨーロッパとアフリカをつなぐ国、
雑貨もかわいいらしいし、両方の文化が見られるとあっていまからとても楽しみです。

Posted on 2013/03/16 Sat. 16:53 [edit]

category: EGYPT

TB: 0    CM: 3

16

コメント

たくましい★ 

あい~❤まつだのはるかだよ~❤
いつもブログ楽しみに読んでるよ~
ほんっといい旅、いい出会いばっかり。
そして、あいを感心するばっかり。
少しずつ、たくましくなって色んなものを吸収して成長しとるな~って。

まだまだ長い?残りはどんくらいなんやろ?
身体には気を付けて、いい旅を続けてね~

URL | haruka #- | 2013/03/16 22:43 | edit

Re: はるか 

読んでてくれたんだー!嬉しい!
本当、私出会いに恵まれすぎている。
幸せです。。

いまちょうど真ん中くらいだよ。
もうあと半分、まだあと半分…
一日、一瞬を大事にします!

URL | kawaaaaachi #- | 2013/03/19 00:16 | edit

 

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

URL | 添え状の見本 #- | 2013/06/16 10:09 | edit

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://55zakkapacker.blog.fc2.com/tb.php/34-5a08942a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。