07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

Day 50 ENGLAND London 2日目 Londonの母と街歩き 

Day 50 ENGLAND London
13.4.2013

今日は午前中は市内を散策し、お昼からTURKEYで会ったマダム、ルリさんが今借りているお家にランチをごちそうになりに行きます。


朝ごはん。




ルリさんとは13時に駅で待ち合わせだったので、9時くらいに宿を出て、まずはバッキンガム宮殿に向かいました。



歩いている途中に通ったビッグベン、
昨日も見たけど青空の下ではより綺麗。






ロンドンアイも。





ポストひとつとっても絵になる街London。





公園の脇も散歩しました。





都会のど真ん中の公園なのにリス。




のんびり1時間くらい歩いてバッキンガム宮殿に着きました。









兵隊さん。




バッキンガム宮殿、中は限られた時期しか入れないそうなのですが、こんな素敵なお城に今もエリザベス女王が住んでいます。



まだ時間があったので、もう少し歩きます。




ショーウインドウのディスプレイがカラフルでおしゃれ。









そんなおしゃれなのを見ていると、もうガマンが出来なくなり、ついにワンピースを買ってしまいました…

しかもENGLANDのファストファッションブランドのPLAY MARKじゃなくて、日本でも買えるH&Mで。。

一応、BRITISH VOUGEと書かれていたのでENGLAND全く関係ない訳じゃないしって言い訳して。




15ポンド(約2200円)ですが、社会人再開一日目に着ていきます。
真っ白なワンピース、ワンピースと同じように真っ白な気持ちで働けますように。


前回いつ服買ったかもう思い出せないくらい久しぶりに服買いました。
大事に着よう。



歩いていたら有名百貨店、ハロッズを発見。



中に入ってみたけど、髙島屋や大丸とあまり変わりませんでした…
ブランドが好きならすごく楽しめると思います。


同じ百貨店のリバティは、もうリバティでしかなく、他に代わるようなお店は日本には無いように思います。
個人的にはリバティの方が好き。



時間もそろそろ迫ってきたので、最後にハイドパークを北に横断し、地下鉄に乗りました。









地下鉄の駅。



Londonの地下鉄はマークが統一されていておしゃれです。



そしてここで問題が…
カード社会のLondon、私は最低限しかポンドに両替してなかったのだけど、切符を買うときになぜかカードが使えなかったのです。。

限度額を振り切ってしまったんだと思うのですが、今朝に限っていつもカバンに入れていた予備のカードを宿に置いてきてしまい、とりあえず現金で切符を買ったけど、このままだとお金(現金)がなくて帰れない…



とりあえずルリさんと合流し、両替所を探して両替。
とりあえずなんとかなったけど、カード使えなくなるなんて恐怖、もう本当に、絶対味わいたく無い!!
命の危険!



そしてルリさん家へ。

INDIAの水事情を知っているルリさんは洗濯物を持ってきなさいと言ってくださり、ご好意に甘え、たまっていた洗濯ものを洗わせてもらいました。

旅行中はランドリー代を節約するため、毎日手洗いをしています。
洗濯機が使えるなんて贅沢、幸せです…

人の家で図々しくパンツまで干しました。
ルリさん本当にありがとう。



そしてルリさんの手料理。



お味噌汁にお魚、お豆腐、私の健康を気遣ってたくさんのサラダまで。
しかも白ワインまでご馳走になりました。



デザートはたっぷりのフルーツにヨーグルト。



こんな贅沢なご飯、きっと帰国してもしばらく食べられない。
幸せで幸せで、お腹いっぱいご馳走になりました。

誰かが私のために心をこめて作ってくれた料理は本当に美味しいです。



ルリさんは今ガーデニングの勉強のためにLondonに来ていて、その前はCANADAや半年程INDIAにヨガを習いに行っていたらしく、洗濯のこともだけど、旅をしているならではの悩みやストレスを全て分かってくれていました。

自分の好きな服が着れないことや、
かわいいと思うものがあってもまだ次の国があると思うと買えないこと、
慣れない事も受け入れてやらなければいけないこと、
身を守るために常に気を張っていなければいけないこと、
お金の呪縛から逃れられないこと…

好き放題旅してストレスを感じるなんて贅沢だと思うけど、ぶつぶつができたり、来てくれないと困るものが来なかったり、体は正直でした。

これは経験した人じゃないと分からない気持ちなので、こんな事を話せる人がいて、本当に嬉しかったです。



そしてINDIAのかわいい服や雑貨のメーカーや物価について、食べ物、気をつけなければいけないことなどをいろいろ教えてくれました。
仕事や恋愛、価値観の話もしました。


ルリさんは実は私の母と同い年だったということが発覚。
母は母で尊敬しているけど、ルリさんのようなアクティブな生き方はとても憧れるし、歳を取ると歳を理由にいつも何かを諦めがちだけど、私もルリさんのようにいつまでも活動的でありたいです。


INDIAではお腹に気をつけてと整腸剤をくれたルリさん、Londonにも素敵な母ができました。






その後駅の近くのショッピングセンターを少し見て、ルリさんとお別れ。
夏には帰国されるらしいので、その時は私と近所に住んでいるらしい娘さんと一緒にご飯を食べる約束をしてさようならのハグ。


ハグ、最初は照れていたけど、今は大好きなあいさつです。
大好きな友達と別れる時、照れずにちゃんとハグして別れればよかったと、今では少し後悔しています。


少し時間があったので、聖ポール大聖堂、ロンドン塔とタワーブリッジを見にいきました。



聖ポール大聖堂。







ロンドン塔。





タワーブリッジ。







雨がずっと降っていてタワーブリッジは強風だし、傘が一部壊れました…
壊してもいい傘だからいいけど、あと一週間頑張って持って欲しい。。



そして夜ご飯。



カルボナーラを作っていたマックスが生クリームを余らせたらしく、私にお裾分けしてくれたので、
バルサミコ酢とオリーブオイルのサラダとトマトクリームパスタ。
しかしあんまり美味しそうに見えない。。



今日はたくさん歩いて雨に濡れるし疲れました…
しかし良い出会いに感謝する一日です。


明日はParisから一足先にLondon入りしたエビちゃんと再会し、ハリーポッターのロケ地巡りをしてきます。

Posted on 2013/04/15 Mon. 07:35 [edit]

category: ENGLAND

TB: 0    CM: 0

15

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://55zakkapacker.blog.fc2.com/tb.php/69-1886f8ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。